こもれび文庫

ちいさいひとたちとともに ちいさいひとたちのために 

ご案内 ~更新はこの記事の下からご覧下さい~

こもれび文庫
土曜2時から6時

隣家の緑が丘書道教室にてお習字のお稽古をしながら、のんびり開館中。
ときどき本よみ。
ときどきおあそび。
ときどきおしゃべり。
ときどきひるね。
本の貸出しています。

本のあるフリースペース、親子で友達同士で、ゆっくりご利用ください。

緑が丘書道教室
土曜2時から6時

初めて筆をもつ子どもたちのためにお習字のおけいこをしています。
書家であった曽祖父、故・吉田光明の筆法に準じて、義母とともに基本点画からていねいにご教示いたします。
古典臨書・仮名・実用書などご希望に応じて、大人の方のお稽古も可能です。

見学・訪問の方は、右のメールフォームからお知らせ下さい。

こちらのブログでは子どもたちのための読書情報ーー絵本・児童書・YAの紹介、読み聞かせ・おはなし会の実践報告、講演会ほかイベント案内などを掲載します。

個人的読書(一般書・コミック等)のレビューはこちら。

読書メーター
スポンサーサイト

おはなし会練習

おはなしうさぎ例会では、6月の発表会の練習もたけなわです。

⚪︎牝牛のブーコラ
⚪︎ごろはちだいみょうじん
⚪︎氷の花束
⚪︎とりのみじいさん
⚪︎ちいさなお城
⚪︎3つのオレンジ

ブーコラととりのみじいさんは初聞き。
ブーコラは3まいのお札のヨーロッパバージョンで面白いですね。ホビットの一場面を思い出しました。Nさんの語りを久しぶりに聞きましたが、声が落ち着いてて素敵…好きだなあ。本番楽しみ。

とりのみじいさんは瀬田貞二再話のよくばりじいさんも登場するバージョン。登場しないバージョンの方がよく語られるけれど、うちの夫はよくばりじいさんが出てくる方を知ってるって。ちゃんと言葉と出来事との整合性があって瀬田さんらしい。尾っぽが出る場所も違うのね… 

うさぎメンバーは聞く方もなかなか耳が肥えていて、アドバイスも要求度高いです。でも、皆さんちゃんとそのアドバイスを聞いて先月からちょっと工夫を凝らしてくるから素晴らしい。

ところで私も結局発表会に出ることになりましたよ!さあ大変。もう出ないかとお蔵入りしかけてました。
「うぐいすの里」を語ります。

それとは別に来週火曜日、小学生の公民館見学の際におはなしを語ることになりました。
「ふしぎなたいこ」いきまーす!

いきなり復帰の機会がじゃんじゃんやって来ました。でも躊躇してたらいつまでもこのままですからね。


楽しもうっと!



空とぶアヒル講座・禅定正世さんのおはなし

毎日もりもり盛りだくさんな日々を過ごしていますこもれび文庫です。

今日は「空とぶアヒル」の開講式で、なにわ語り部の会創立者の禅定正世さんのおはなしを聞くことができました。もう50年以上語りの活動をされている滋賀県マキノの「ぜんじょうばっちゃん」です。あまんきみこさんのお話の語りもされているご縁から、会場にはなんとあまんさんもお越しでした。以前文化祭の講演会でお会いする機会がありましたが、お元気そうで何より。野の花文庫さんや高槻の児童文学研究の先生方とは長いおつきあいですから、開講前にもいろいろお話が弾んでおりましたよ。

さても、禅定さんの語り。

ねずみ浄土
まどみちおさんの詩
工藤直子さんの詩
谷川俊太郎の詩「ぽつねん」、大岡信への追悼の詩
あまんきみこさんの「こがねの舟」
デブラ・フレイジャー「あなたのうまれたひ」
遠野の昔話

ーーーと、なんと豊かなおはなし世界。情趣深いとはこのことよ!

工藤直子の空の詩がよかったなあ。本にはなってないとのことで、検索かけたけど出てこない。大阪府立図書館に資料があるらしい。また教えてもらお。
谷川俊太郎の大岡信さんへの詩も美しくて涙が出そうでした。(「ぽつねん」はヒドイ詩!と怒りの禅定さん!)
そして「こがねの舟」。怖ろしい絶望と孤独感の中から余韻ある小さな救いの世界に掬い取られる不思議な感覚。こんな作品があったのだなあ。知らなかった。これもアマゾンでは中古での取り扱いしかないので、図書館で探した方がいいですよ。

語りは自分育て。
誰かに語るという行為がすべて自分を豊かにすることにつながっていく。
言葉によって共感し合えるかけがえのないひととき。
自分の伝えたいことを言葉にしてつないでいく。
共感をつないでいくことによって言葉もまた獲得されてゆく、ということをしみじみと再認識しました。

よい時間でした。

あまんきみこさん(左)と禅定正世さん(右)

ねこ絵本

ねこにちなんだ絵本を2冊ほどご紹介。

こなやのこねこ

福音館の月刊誌でちょうど出ていた新刊。今話題のきくちちきさんのダイナミックなタッチの絵とともに、ことば遊びを楽しみましょう。リズミカルに韻を踏んでいて、口にして心地よい楽しさ。

3びきのこねこ

これは2013年のバックナンバー。ハードカバーでは出ていないと思うのですが、マザーグースの詩に、はたこうしろうさんの絵がセンスよくていいですね。


ねこ本、まだまだいっぱい…あげるとキリがないので、また読んだ時に応じてブログにあげましょ。
みなさんのお気に入りはどんな絵本?

にゃんにゃん文庫?

図書館の配送車問題などでわちゃわちゃしていて、レポがさっぱり…。
おいおいupしていきますね(たぶん)

文庫は図書支援員さんや子どもたちでそれなりに賑わっています。
というのも、また今年も子猫が屋根から降ってきて…
その子猫見たさにみんな寄ってくる、という次第でございます(笑) 今年のはイタチ(?)に襲われて兄弟は亡くなり、1匹生き残ってケガして震えていたーーーという事情で哀れが募り、うちのコとして育てる事になりました。
『こねこのぴっち』さながらに看病しましたよ。




名前は

クリスチーヌ・フロバスキ

クリスチーヌは三毛のコードネーム。
お風呂場が好きなのでフロバスキ。ロシア語の「キー」じゃなくて、ポーランド語の発音で「キ」ですよ。

「ふうちゃん」って呼んでね。

文庫の時間が終わると「やれやれ、今日のお仕事おわりー」って感じでソファーでゴロゴロしています。


最新映像

4月文庫連例会

読書メーターでレビューを更新しながら、本の整理に明け暮れていたら、ブログが放ったらかしになっていました。
いつの間にか連休も終わりですね😓

4月末の文庫連例会では、久しぶりに7文庫中6文庫が揃いました。
皆さんお忙しくて、ここ数ヶ月特に人数が少なかったので、やっと審議が進められてホッ。
野の花文庫さんのイギリス訪問の土産話も楽し!
(グリーンノウのマナーハウスに行かれたそうですよ💕 いいなーーーー✨)

【議題】

◯ 近況報告

◯ 原画展準備について

◯ 文庫配本休止について
→ 5月9日(火) 18:30-20:00 クロスパルにて
図書館サービスについて考える 講師: 脇谷邦子さん

◯ 名簿整理

◯ 文庫案内チラシ作成

◯ 講座、催し、企画案内


文庫連は、毎月第4金曜日に例会を開いています。(今年度は中央図書館第2会議室にて)
各文庫での活動報告、絵本や実践、各種催しの紹介など情報交換、講演会などの企画の打ち合わせを行っています。
文庫を運営している文庫会員のほかに、文庫活動に賛同・協力して下さる個人会員も受け入れていますので、興味のある方はどうぞご参加下さい。年会費は1,000円です。


5月9日の図書館サービスについての勉強会ですが、時間と会場に変更がありましたのでお知らせしておきますね。

時間 18:15 18:30 - 20:00

場所 クロスパル高槻 3F第3会議室 4F第4会議室

長年、市の図書館について考え提言を続けておられる「高槻にみんなの図書館をつくる会」と協力しての開催です。図書館サービスについて理解を深めたい皆さん、どうぞお運び下さい。




えらいこっちゃ

高槻市の移動図書館きぼう号の巡回が止まっています。

移動図書館きぼう号の巡回一時休止について

実はきぼう号だけでなく、学校図書館・家庭地域文庫・各図書館間の運搬業務に支障が…あちこちから窮状を訴える声が集まってきています。

いったいどうなってるの?

そもそも、図書館の配本サービスってどーゆーシステムで動いているんでしょうか。
近年どこの市でも図書館の委託業務化が進んでいますが、どこまで委託すべきなの?
他市の状況は?
理想の図書館運営って?
学校図書館の理想蔵書数って?

問題提起の前に、図書館について知ることから!
子どもの文化ネットワークから、勉強会の案内です。

「図書館サービスについてみんなで考えてみませんか」

日時 : 5月9日(火) 18:30-20:00
場所 : クロスパル高槻 4F 第4会議室
講師:脇谷邦子さん(元府立図書館司書、図書館問題研究会)
参加無料

是非ご参加下さい。



おはなしぱくぱく始動

5月の連休明けから朝の読み聞かせ活動開始です。恒例の年度始めの顔合わせ。
今年度も何人か新しく入会してくれた方がいらっしゃって頼もしい限り。朝の読み聞かせ、まずは保護者がやらなきゃ!ですよ。子どもたちは本当は自分の家族に読んでもらいたいのです。教室に行くと聞かれます。

「だれのお母さん?」

知ってる人だとものすごくうれしそう。
新しい環境で子どもたちは不安なのです。特に1年生は、だれか知ってる人いないかな…お父さんかお母さんについててほしいんだけどな…って。
私は保護者として参加するのは今年度で最後。OB仲間もいっぱい残ってくれててこれまた頼もしいおはぱくメンバー。

今日は図書館の団体貸出で読み聞かせのための基本図書をたくさん借り、うちの文庫の本も持ち込んで、本の紹介と貸出を行いました。たくさん借りて下さって、嬉しい!重いのを4階まで持って上がった甲斐がありました!(お手伝いありがとうございます(*^_^*)
まだまだたくさんありますからね!
本選びに困ったらこもれび文庫まで
服部図書館にも読み聞かせのための本の紹介コーナーがありますので、どうぞ参考にして下さい。

子どもたちに豊かなことばの世界を届けましょう。

おはなしうさぎ例会

おはなしうさぎ定例会でした。

5月はいろんなところでおはなし会がある模様。
大津おはなし会、生駒おはなし会、銀のりんご、滋賀おはなしの会と次々ご案内が。さあ、どれに行こう。

うさぎのおはなし会も6月に控え、今日は発表者の練習。

○氷の花たば(アトリー)
この前の冬将軍のおはなしに似ているけれど、アトリーらしいファンタスティックな雰囲気が加味されています。厳しい寒さの緊張感が伝わってきていい感じ。長いお話の編集と訳語の確認作業が大変そうだけど、うまくまとまってるんじゃないかな。後半頑張って!

○ごろはちだいみょうじん(中川正文作、同名絵本)
語り手がネイティヴの河内弁とあって、必聴! 何ともいえんおかしみが…たまらん!好き!(笑)絵本を絵なしで語るといろいろ難しいところもあって、工夫が必要なんですねー。

○ピクシーのスカーフ(アトリー)
結末を聞いて、聞き手は皆「えー、いいなあー!」とタメ息(笑)。これも長いお話を編集して語ります。男の子がお孫さんそっくりなんですって。アトリーは旦那さんを亡くして息子を一人で育てたそうなので、そんな作者の体験も入っているのかな。

○ちいさなお城(トルストイ)
絵本の「てぶくろ」の別バージョン。知らなかったなあ。ロシアの定番昔話なのかしら。動物たちの紹介のことばがぜーんぶイイ感じ!言葉のセンスってこれよね!

○3つのオレンジ(イタリアの昔話)
面白い話!魔女が人間くさくていいんだけど、ちょっとやり過ぎかも??との意見もあり…どう調整してどんな仕上がりになるかなあ。イタリアも不思議な物語があるんですね。もっと知りたいかも…。

あと3作品、来月の定例会と自主練で聞きあって仕上げていきます。
アトリーの長編2作揃い踏みはなかなか聞き応えありますよ。是非おいで下さい。

うう、ここに来て、私も出る?な話になってきましたよ。1月2月、何があるかわからないからなあ。どうしよう。

歌は楽し

わらべうた&発声練習に…と、こひつじ会合唱団のレッスンに参加して来ました。
コダーイシステムを取り入れた、子どもと大人の音楽のつどい。
娘が小学生の頃お世話になったのですが、娘もいまだにこの合唱団が大好きで、市民音楽祭には飛び入り参加させていただいています。
私も幼児生活団のコダーイシステム育ち。
今思えばちょっと変な歌ばっかりよねー…
さーるのこしかけ♫ とか、げっくりかっくり♫ とか…
ミョーな節回しで踊りながら歌うんだもん。
でも音楽が好きになったのはこのおかげかなあ。

この日歌った歌をメモしてみたら…結構あるなあ!
身体遊びやわらべうた遊びしながら、ちっちゃい子たちがワイワイ楽しんでるの、眺めているだけでほのぼの。いい時間だあー。

(幼児~)
うめとさくら
じごくごくらく
花いちもんめ
うぐいすなくよ
せまるよ森の夕べ
たけのこめだした(じごくごくらくと重唱)
春の川で
くるみの木
みどりの森だよ(とりがなく)
ひかるこみち
五月の風船
べんけいが五条の橋を
出せ干せからかさ
でんでらりゅうば
なかなかほい
おぼろ月夜
スーパーカリフラジリスティック

(高学年)
フニクリフニクラ
怪獣のバラード

楽譜ファイルから娘の「怪獣のバラード」の絵が出て来て、じゃあこれ歌おう!って。



何年生だったやら…懐かしい。
怪獣の怪の字、間違っとるし…

何年かぶりにまともにコーラス参加したら、全然音が取れないや
リハビリしなくちゃー。


プロフィール

宙-chu-

Author:宙-chu-
高槻文庫連絡会代表。自宅で家庭文庫を開いています。

高槻文庫連絡会

たけのこ文庫、野の花文庫、すずらん文庫、風の子文庫、くまさん文庫、ふうせん文庫、こもれび文庫の7文庫が活動しています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

訪問者数

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード

QRコード