課題図書

最近の学校は、春休みも宿題があるのです。
始業式のあとにテストもがっつり。
大変ですね…ガンバレ…。

でもね、こうでもしないと最近の学生は読み書きをしない生活になってしまうのです。TV、PC、スマホなどの画像や動画で見てスタンプやいいね!をポチッとするだけのイメージと直感のやりとり。

楽?

…だけど、論理的思考や理性的判断を一番磨いていかなければならない時期に、それを捨てにかかっていませんか、という話。

普段動画やゲームに慣れ切った生活してると、宿題もテストもキツイと思いますよ。だからそう、読書をしようというワケです。自分の好みのものばかり拾っていてはいつまでも狭い価値観の中から抜け出せない。課題図書で、自分じゃまず選ばないような本に触れてみるのも勉強。

某公立高では新入生に課題図書いくつかの中から好きなものを選んで感想文を書く宿題が出たそうで、元こもれびの常連のお姉ちゃん、ひとつ選んでみたらえらい難しくてどう書けばいいのかわからない…
選んだのはこちら。



出たー!鷗外の歴史小説!
またよりによって難しいのを選んだねぇー
古文?言葉が難しい…読んではみたけど合ってるのか…どう感想書いたらいいのかわかんない…というので、よし、一緒に読もう!ということに。

と、お習字教室の小学生が「そんなん、ネットに載ってるの写せばええやん!」

えへぇ… 今は小学生がそんなことをいう時代ですよ

ともあれ、私はKindle0円!をダウンロード(こーゆーところはネットの便利さ)して読み直し、文庫の日に一緒に登場人物を整理して図示しながら、原稿用紙3枚にまとめていくのにおつきあい。あらすじをまとめて、第1感想をこう集約すれば?とアドバイスしたら「うん!あとは書ける!」って明るい顔になりました✌️

小学生から高校生まで、もし読めなーい!意味わからーん!という本がありましたら、ご相談受け付けまーす。




スポンサーサイト

入学式

地元の小学校入学式。
学校評議員として参列してきました。

かわいいな、1年生。
1月にわくわくスタートで会ったけど、子どもって3ヶ月くらい経ったらもう背がのびてたり顔つきが変わったりして、ぐんぐん大きくなっていく。今日は特にピカピカのランドセル持ってスーツ着て、すっかりお兄ちゃんお姉ちゃんの顔。

校庭の桜が満開。
雨も小止みでよかったよかった。



通学路には春の野草。



ここの土手はところどころ人が植えた花々と雑草とが競い咲きしててちょっと楽しいのです。
交通パトロールの時、ここを通るのが好き。花々が通る人たちを見守っている風情。

別のところではスギナがいっぱい。土筆はどこだろ…と思ってたら、近所の畑にいーっぱいにょきにょき出てました!




昨日の今日で、雑草センサーが働いてるわ。すぐ目に入る(笑)


『植物図鑑』は読んだかな? 雑草の料理っぷりが楽しい。最近の女の子は、この作品の主人公みたいな男の子が道に落ちてないかなあって言ってますよ。メルヘンだなあ。

摘み草膳パーティー

「こやまさんのお台所」1周年記念の摘み草膳パーティーに行って来ました。
会場の摂津響Saalーーちっちゃな音楽ホールですが本格的なリサイタルが開催されていて、前から行ってみたかったのです。赤ちゃんから大人まで20人あまりが集まり、和やかに春の野草料理を楽しみました。朝採ったばかりの土筆、カラスノエンドウ、ノビル、タンポポ、ヨモギーーー。



畑の採れたて野菜の煮物やマリネにこやまさんお得意の鶏ハム、筍ご飯(地元の初物!)にお赤飯。







子どもたちがまあよくお野菜を食べること。
いつも生野菜を食べないコが初めて食べたって!

私もノビルの天婦羅と土筆のスルメは初体験でしたよ。
料理として完成されたお味に感動。

そしてみんなで春の絵本を楽しみました。
えへへ、こもれび文庫の宙さんの出番であります。ぺこり。


わらべうた ~ずくぼんじょ~

絵本『ウグイスホケキョ』

絵本『のげしとおひさま』



絵本『さくらひらひらとんぴんぴん』

わらべうた ~さよならあんころもち~




小さい子たちがお膝に乗ってきて、絵本を指差しながら楽しんでくれました。お子さんがピッコロ保育園育ちの方、保育士さん、調理士さん、保健婦さん、先生、ボランティアさんーー初めてお会いする方が多かったけれど、こやまさんのお料理のよさを分かち合えるお仲間という安心感。ご縁に感謝。
素敵な春の昼下がり。
外に出たら、すっかり上手なウグイスの鳴き声が聞こえてきて。

いい気分になって、久しぶりに友達とおしゃべりしながら家まで歩いて帰ってきたことでしたよ。



こやまさんちのお台所

子どもの文化を学習する会「空とぶアヒル」の交流会で出会った「こやまさんちのお台所」。
ピッコロ保育園での調理師の経験を生かして、高槻の原で四季のお台所を展開しておられます。

交流会では、原の蛇祭のおはなしなど聞きながら、畑直送の野菜でお鍋を楽しみました。
その蛇祭、ちょうど日曜日にありましたね。







これに味をしめてワタクシ、3月は味噌作りと桃の節句にお邪魔してきたのでした。
もちろん、絵本読みに…ですよ!
え、ご馳走目当て?
否定はしません。

美味しかったーーー!!

そのレポはまた後日にすることにして、またそのお楽しみの日が近づいていますよ。

4月6日(木) 1時-3時 摂津響ザール
~「こやまさんちのお台所」1周年記念~摘み草膳パーティー
2,000円


また友達と楽しんできます。
私も行く!という方ありましたら、こやまさんまたはこもれび文庫までお知らせ下さいねー。







ざっそう魂

暑かったり寒かったり雨が降ったり…春先は天候が定まりませんね。
でも、あちこちに春の野草が顔を出し、花粉やら何やらに鼻はムズムズ…春はそこまでやってきています。
娘の幼稚園バスの送り迎えに歩くみちみち、シロツメクサを編み、雑草の名前を調べてたころを思い出します。
あくあぴあの、食べられる雑草摘みにも行きましたねー…ノビルが美味かった。
踏まれても刈られてもしぶとく生きる雑草は、わたくしの人生のお手本でございます。

今日はNHKで甲斐信枝さんの『絵本作家と見つける”雑草”生命のドラマ』の再放送。
観ましたかー?
雑草に感心して声をあげる甲斐さんの楽しそうなこと!
文庫連では2010年に講演会でお呼びしましたっけ。野の花文庫、たけのこ文庫、風の子文庫ーーと、高槻の仲間とは何かとご縁のある甲斐さんです。

2010年甲斐信枝さん講演会

長男の愛読書はこちら。



やはり『雑草のくらし』が圧巻。



小学校の稲作実習の際には必読書ですよ。
『稲と日本人』



NHKのドキュメンタリー、録画はしましたがこれはなかなかの名作。絶対DVDになると踏んで---------

あー!やっぱり!

DVD 足元の小宇宙~絵本作家・甲斐信枝と見つける生命のドラマ~

特典映像と封入特典がお楽しみですよ!


文庫連例会

第4金曜日は文庫連例会。
市内の7文庫が集まって、情報交換や講演会の打ち合わせなど行っています。

来年度は「子どもと楽しむのりもの絵本の世界」を企画中!
山本忠敬さんの絵本の原画を展示して、図書館やボランティアの方々と協力して読み聞かせやワークショップ、ギャラリートークなどーーーとても楽しいことになりそうですよ。

あ、日程は

2018年1月6日(土)〜14日(日) 高槻市立中央図書館おはなし室

の予定です。

こういうイベントを企画して、現実の作業にどんどん落とし込んでいく過程が結構好きですv
妄想がふくらみ過ぎて眠れなくなったりもするんですけど…(^^;)
今日はメンバーで、日程と会場の広さなど確認。

文庫連では久しぶりの企画イベントになります。
ゆめ基金の申請書類作成がんばらなくっちゃ!

春まちおはなし会

最近おはなしうさぎで行なわれている「ひとりでおはなし会」、今日はOさんによる「春まちおはなし会」でした。

○大歳の火(日本昔話百選 三省堂)

○冬将軍のマロース(子どもに語るロシアの昔話 こぐま社)

○ふきのとう(くどうなおこ詩集○ 童話社)

○鳥呑み爺(日本昔話百選 三省堂)

○ヤング・ケート(ファージョン『ムギと王さま』 岩波少年文庫)

寒い冬のおはなしから、鳥の鳴き声が聞こえ花の咲く春へーー
詩や手遊び、ちょっとおしゃべりもまじえながらの30分あまり。
素敵な構成で、たっぷりおはなしを楽しみました。
すごいなあ、ひとりで語っちゃったよ!

「マロース」と「ヤング・ケート」がよかった。
マロースはこれぞロシア、という厳しい冬の風の冷たさとどっしりとした土の香りがするおはなしでした。ふううーーぶるぶる!こわいよ冬将軍!

ファージョンのおはなしは、「好き!」と飛びつく感じではなく、じわじわ来ます…。
「魔法使いのチョコレートケーキ」しかり「マローンおばさん」しかり、そして「エルシーピドック、ゆめでなわとびをする」しかり。おはなし会や大切な人からそっと差し出されて、いつの間にか好きになっている感じ。
ヤング・ケートはちょっと聞き手を選ぶタイプのおはなしかもしれないけれど、子どもたちにも届けたいなあ。
きっとこういう世界観が好きな子はいるはず!


6月の発表会に向けて、8人の発表者が出揃い、プログラム構成も決まってきましたよ。
私の発表会参加は1月か2月かな…。
秋には小学校へのおはなし会もたくさんあるし、今年は「ひとりでおはなし会」できるくらいにおはなしをいっぱい覚えたいと思います。



文庫ブログ復活

お久しぶり。
こもれび文庫です。
仕事と介護に追われ、昨年は婚家の舅姑だけならまだしも実家の両親にまで倒れられてどうにも首が回らなくなってきたのでここらでちょっとひと休み。
4月から1年間は、おはなしの世界にたゆたいつつ英気を養いたいと思います。

うわーーー…

積ん読がコンテナ5箱分。(また増えた)
フィリピンへの支援物資が山積み。
未整理資料てんこ盛り。

とにかく大掃除からだわーー!!
文庫に遊びに来がてらお手伝い下さる方がいらっしゃいましたら、お声かけ下さい(;д;)
お礼は古本と手作りケーキしかございませぬが!m(_ _)m

こもれび文庫
土曜2時から6時
隣家の緑が丘書道教室にてお習字のお稽古をしながら、開館中。
ときどき本よみ。
ときどきおあそび。
ときどきおしゃべり。
ときどきひるね。
本のあるフリースペース、ごゆっくりご利用ください。

緑が丘書道教室
土曜2時から6時
初めて筆をもつ子どもたちのためにお習字のおけいこをしています。
曽祖父・吉田光明の筆法に準じて、義母とともに基本点画からていねいにご教示いたします。
古典臨書・仮名・実用書などご希望に応じて、大人の方のお稽古も可能です。

見学・訪問希望の方は、右のメールフォームからご相談ください。
場所をご案内いたします。

こちらのブログでは子どもたちのための読書情報ーー絵本・児童書・YAの紹介、読み聞かせ・おはなし会の実践報告、講演会ほかイベント案内などを掲載します。

個人的読書(一般書・コミック等)のレビューはこちら。

読書メーター


明日からストーリーテリングに復帰です!
発表会に向けておはなし選定中。(片付けは?)(あっ;)

あけましておめでとうございます

新しい年が明けました。
今年も去年に増してまったりモードで時々更新させていただきます。
こもれび文庫は土曜日午後お習字教室といっしょに開けていますので、どうぞお運びくださいね。すっかり遊び部屋になってとても賑やかな時がありますが、静かに本を読みたい人がいる時はちゃんと静かにしてもらいますので、ご心配なく。(お遊びはお庭でね!)

今年の年賀状の片隅には『まりーちゃんとひつじ』の絵をこっそりと貼り付けました。より多く!よりたくさん!を望みがちな私たちですが、まずは与えられるものを丁寧に受け止めて育てていくことが大事…


まりーちゃんとひつじ (岩波の子どもの本 (14))まりーちゃんとひつじ (岩波の子どもの本 (14))
(1956/12/01)
フランソワーズ

商品詳細を見る


ということを気づかせてくれる1冊です。
子どもの頃からの愛読書。ぱたぽん、をHNにしたこともあります。

だって響きがかわいいんですもの、ね、ぱたぽん。

充実の日々

もう半年ばかりブログは更新していませんが、元気でやっています。
仕事があるのでそれが何より第一ですが

読み聞かせ、楽しんでます。
おはなしも語りました。
文化祭、好評でした。
池田正孝先生の講義もよかった!
実は三浦しをんさんのトークショーにも行ってきた!(たのし!)

そしてこもれび文庫も細々とですが続いています。
それがまた楽しいお客さんばかりで。

様々な出会いに感謝、感謝の毎日。
身の回りの小さな出会いを大切にしたい。

ので。

ブログ、やはりこれからも休みがちになると思います。
いろんなお知らせも、チラシや文書や口コミの方がよかったり、SNSなど便利なツールがありますし。
本くらいはたまに紹介したい気分にはなるのですが(笑)


鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
(2014/09/24)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る



鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
(2014/09/24)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る



明日は、いずこの空の下明日は、いずこの空の下
(2014/09/02)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


上橋さんが物語の海の中からぽっかり顔を出して来られましたよ!
ずっと書いてたんだ。凄いなあ。

おはなしの海の中で「どこまで泳いでも決して疲れない人間」でありたい、と思いますね。
ブログではお会いできなくてもいつでも私はおはなしの海を泳いでますので、気軽に声かけてくださいね。
プロフィール

宙-chu-

Author:宙-chu-
高槻文庫連絡会代表。自宅で家庭文庫を開いています。

高槻文庫連絡会
たけのこ文庫、野の花文庫、すずらん文庫、風の子文庫、くまさん文庫、ふうせん文庫、こもれび文庫の7文庫が活動しています。
訪問者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

復刊リクエスト