スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ご案内 ~更新はこの記事の下からご覧下さい~
こもれび文庫
土曜2時から6時

隣家の緑が丘書道教室にてお習字のお稽古をしながら、のんびり開館中。
ときどき本よみ。
ときどきおあそび。
ときどきおしゃべり。
ときどきひるね。
本の貸出しています。

本のあるフリースペース、親子で友達同士で、ゆっくりご利用ください。

緑が丘書道教室
土曜2時から6時

初めて筆をもつ子どもたちのためにお習字のおけいこをしています。
書家であった曽祖父、故・吉田光明の筆法に準じて、義母とともに基本点画からていねいにご教示いたします。
古典臨書・仮名・実用書などご希望に応じて、大人の方のお稽古も可能です。

見学・訪問の方は、右のメールフォームからお知らせ下さい。

こちらのブログでは子どもたちのための読書情報ーー絵本・児童書・YAの紹介、読み聞かせ・おはなし会の実践報告、講演会ほかイベント案内などを掲載します。

個人的読書(一般書・コミック等)のレビューはこちら。

読書メーター
スポンサーサイト
[2018/12/31 23:00 ] | はじめに | コメント(0) | トラックバック(0)
ゆめ基金通った!
高槻文庫連絡会で申請した平成30年度ゆめ基金一次募集、採択されました!

移動図書館が休止したりと、図書館サービスが低下してゆく中、何とか子どもたちに本の楽しみ、読書の喜びを伝えていきたい。
伝えようとする大人の情熱を守り、次世代に繋げていきたい。
今、各地で追求されているさまざまな「図書館の可能性」を紹介したい、そしてみんなで追求したい!
その一心で、一所懸命申請書をしたためました。

図書館を知ろう!連続講座
学校図書館&図書ボランティアサポート講座

さあ、始まるよ!
スケジュール確定させていかなきゃーー!
大丈夫、仲間がいるーー!けど、営業&文書作成、ほぼ一人職場です
ひーー!いっそがしいーーー!

みんな、講演会来てね!
豪華講師陣だよーーー!

あ、秋以降に向けても申請出しますよ。
好評の、作家さんによる講演会&原画展ワークショップ!
お楽しみに!
[2018/04/03 23:01 ] | 講演会・イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
ようこそ新入生!
姪っ子姉妹、妹の方が今日は誕生日だというので我が家訪問。
念願の「ネコちゃん平気で抱っこ」を完遂し、ドヤ顔ハンパない(笑)
…前来た時、怖くてまさかの大号泣だったのです…リベンジ成功。

「なんで克服できたの?」
「わからない!」

ーーーそうかい。

お姉ちゃんの方はうちのちびと同い年で、4月から中学生。
春休みの宿題で「読書感想文」が出た!
ので文庫の本を貸してほしいって。

よっしゃあああ!まかせときい!

叔母の腕の見せ所です。
読書感想文の書きやすい本何冊かと、姉妹でお楽しみ用に『ちはやふる』やコナンの学習マンガ、ニルスが出会った物語(福音館のね)などなど勧めて、張り切ってしまいました。
コナン話にはムスメも参戦。まるっきり女子トーク!楽しいねーー。
おしゃべりあっての読書の楽しみですわ。

入学する学校、学校図書館充実してるといいね!
[2018/04/01 21:24 ] | 文庫のようす | コメント(0) | トラックバック(0)
学びと出会いを広げる学校図書館
週が替わって我が家からようやくインフルエンザも去り、学図研兵庫支部・こうべ子ども文庫連絡会の交流会に行ってきました。
会場は灘高図書館!

まずは会場がね、すごかったですよ…何という充実の学校図書館!
校内のど真ん中にでーんと構えて、いつでも誰でもどこからでも即利用を実現。
教師と生徒のニーズに応え、硬軟取り混ぜて充実の蔵書。
ワンフロアでありながら、分野と使用用途に応じたゾーニングもすばらしい。
古典文学のコーナーにはコタツがありましたよ。
私立だから?
いやいや、蔵書数や施設はさておき、学校全体が本を読もう!読みたい!読んでやる!という心意気で漲っている事こそが尊い。

そんなシアワセーな空間の中で、まずはこうべ子ども文庫連絡会の方々によるストーリーテリング。
こうべ子ども文庫連絡会は、家庭文庫はわずか。ほとんどが読書ボランティアの方々なのですね。
でも120名もの会員数で、行政への働きかけやおはなし会の企画や研修会などなかなか充実の活動ぶり。頼もしいなあ。

3−4年生向けのおはなし会プログラムとして、
「ホレおばさん」
「お月さまの話」
「メアリーさんとブラウンさん」
などのおはなしを楽しませてもらいました。

戌年にちなんだ犬のパペットづくり(材料はトイレットペーパーの芯。カンタン!)、ハンカチのマリオネット、あずまぶくろの作り方など、放課後子ども教室にも使えそうなネタもいただきました。

各地から来られた学校司書、支援員、ボランティア、図書館員とも情報交換。
学校図書館はどこも厳しいなあ…司書さんたちのボランティア精神で何とかもっている現状。
どこも嘆かれるのは行政の無理解。

表向きには全校配置と言われているところも、2校3校兼務や実質ゼロのケースも散見。
週1とか週2で一体何ができるのかと打ちひしがれつつも、いや、0よりマシ、出来る事からガンバロウ!と涙ぐましい努力をしている学校司書の方々。

その心意気に応えたい!と、高槻の文庫連でも来年度はサポート講座を企画中ですよ。
ゆめ基金通りますように!
[2018/02/24 01:27 ] | 研修 | コメント(0) | トラックバック(0)
本日、文庫お休み
1週間、ちびがインフルエンザでお休みしていました。
B型で微熱がだらだら続き、本人もしんどかったでしょうが私も辛かったーー。

昨日治癒証明書をもらったばかりですので、感染防止のため今日は文庫の部屋は閉めておきます。
本の返却はポストに入れるか、ピンポンしてくれたら取りに出ます。

隣家の教室には出入りしていませんので、お習字はやりますよー。
書に集中してリフレッシュしようっと。
[2018/02/17 10:45 ] | 文庫のようす | コメント(0) | トラックバック(0)
整理整頓作業中
ブログはお久しぶりです。
Facebookを便利に使い始めたので、近況は専らそちらでお知らせしています。
IDお持ちの方はメール、メッセンジャー通して自己紹介の上、お友達申請して下さいね。
基本的には、

1、お会いしたことがある方
2、子どもの読書活動、図書館に関心・関連のある方

を認証させていただいています。
お会いしたことのない方はーー文庫連の講演会など、私の参加するイベントや作品のある場所にドウゾ!

Facebook、Twitter、Pinterest、Line、ブログ、読書メーター…どう使いこなしてどう繋げていけばよいか、試行錯誤中。

[2018/02/14 15:12 ] | 文庫のようす | コメント(0) | トラックバック(0)
自然と冒険の旅へ
大竹英洋さんから派生して、星野道夫さん



星野道夫ファンの後輩(学校司書の彼女が作った星野道夫さん特集のディスプレイは素敵でした!)が、卒業する教え子にプレゼントしたという著作もあらためて。



となるとこれが読みたくなり



果てには





まで読みたくなって、本で自然と冒険の旅三昧。
もちろんこちらもチェック! オオカミ大好きの息子に是非とも見せてやらねばなりません。





マインドマップよろしくどんどん繋がってとまらなーい!
アーサー・ランサムも読みたいぞ!
どこまで行くんやー!と自分ツッコミ。

[2017/08/08 00:40 ] | 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
人生はゴムバンド
台風接近で一日中家の中に篭りつつ、読書三昧。
文庫所蔵の大竹さんの作品をずらっと並べて、写真を眺めながらエッセイを読んでいます。
オオカミの夢を見てーーって、なんか上橋菜穂子さんの作品世界を彷彿とさせますね。

『もりはみている』はやっぱりメッセージ性がいい。
『もりのどうぶつ』も昨日同席したお客さんから「どこで買われたんですか?」って聞かれましたよ。
ほらほら福音館書店さーん、早くハードカバー化してえ。

エッセイを読んでいて、何年か前赤ちゃんへの読み聞かせに『もりのどうぶつ』を持っていって楽しんだこと、東京でことり文庫さんに行っていたという親子さんと息子が幼稚園で同じクラスになったこと、ことり文庫さんからYAの本を取り寄せたこと、そのことり文庫で大竹さんがスライドトークやってる!とブログで拝見したこと、あららブログ拝見してるこひつじ文庫さんとこでもスライドトーク!いいなあ、高槻でもお話が聞けたらいいなあと思っていたら今回お話を聞くことができてーーーと、自分の夢もエッセイの中の大竹さんと同じように、どんどん繋がり近づいてきたんだなあと感じて、共感で胸いっぱい。
C・W・ニコルさんが「人生はゴムバンド。夢を思ってチャンスをこちらに手繰り寄せるんだよ!」と語っておられたのを思い出したり。


そう、夢は叶う!
今年のゆめ基金申請、通りました!
いい気になって、早くも来年度はあれとこれとそれとーーーと妄想膨らみっぱなし(コラ)

いやいや焦らず、まずはここから。

1月6日(土)〜1月14日(日) 高槻市立中央図書館・おはなし室にて
「子どもと楽しむ乗り物絵本の世界ー山本忠敬原画展ー」

会期中の1月7日(日)には、お連れ合いの山本洋子さんの講演会を予定しています。


夏休みは申請書類の修正、レイアウト、作業工程表の作成、図書館との連絡などの宿題、がんばります。

[2017/08/07 23:22 ] | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
大竹英洋さんトークイベント
『もりのどうぶつ』『ノースウッズの森で』など、こもれびの読み聞かせには欠かせない写真絵本の著者、写真家の大竹英洋さんのトークイベントに行ってきました。

こちらのエッセイの出版記念イベントなのです。



子どもたちにも絵本でおなじみのシカや鳥たちやこぐまの写真!動画!鳥の音!大竹さんの実演!
とても魅力的なお話のひとときでした。
ノースウッズに至る経緯や写真にまつわるエピソードには作為的なものはひとつもなく、すべてありのままを自然に語られるのだけれど、それがすごいなあって思えるの。誠実なお人柄が伝わってきましたよ。

最後、『もりはみている』の

「もりはしずまりかえり なにもしゃべらないけれど いつだってきみをみている」

という言葉を引用されましたが、それがとても心に沁みました。

今夢中で、エッセイを読んでいます。
手書きの地図をたよりに写真家を訪ねてカヤックの旅!?
まるで児童文学の冒険物語を読んでいるような気分!
是非読んでみてください。

『もりはみている』と『そして、ぼくは旅に出た』にサインをいただいてきましたよ。
また絵本もみんなで楽しみましょうね。
そしてぜひぜひ今度は高槻でお話してもらいましょう!(と、拳を握るのであった。)


場所は今を時めく(?)枚方T-SITEでした。初めて足を踏み入れ、本屋と専門店のコラボぶりに目を見張りつつ…。
ホンマニココハアノヒラカタノツタヤカイナーーー! ビックリヤワー!

[2017/08/06 23:45 ] | 講演会・イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
ふくしま保養キャンプ
恒例の夏のふくしま保養キャンプ、ふうせん文庫さんがずっとお世話に関わっておられ、今年も文庫連のメンバーでおはなし会をもたせていただきました。
野の花文庫さんとTさんがおはなしの語りをされましたが、私も思いがけず時間ができたので、お二人の送迎と絵本読みのお手伝い。

ととけっこう
絵本『ひよことあひる』
おはなし『鳥のみ爺さん』
おはなし『王子さまの耳はロバの耳』
いっちくたっちく
コンコンチキチキ
絵本『ひまわりみたいに』

猫じゃらしのうさぎさん
折り紙話~お船が見えるよ~
パネルシアター~かくれんぼしてるのだあれ?~

お話に出てきた折り紙作ってひと遊び。



Tさんの『鳥のみ爺』、よかった!
今まで聞いたおはなしの中で、いちばんのびのび自然に語れているような気がしましたよ。

『王子さまの耳はー』は、誤植ではなく「王子さま」なのです。
なぜロバの耳になったのか、ラストどうなるのかーーー初めて聞いた結末でした。

放射能の心配からひと安心できる環境で、のびのび野外活動を楽しみ、安心な食材で手作りの美味しい食事を。
高槻でどうぞゆったり過ごしてね!


[2017/07/30 21:16 ] | お楽しみ会 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。