FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ホフマンのプレゼント

クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ―日本とスイスの絵本)クリスマスのものがたり (世界傑作絵本シリーズ―日本とスイスの絵本)
(1975/10/10)
フェリクス・ホフマン

商品詳細を見る


概して、子どもはかわいらしいイラスト調の絵が好きと思われがちですが、どうしてどうして、こーゆーシブイ絵や劇画調の絵に惹かれる子は結構多いのです。ホフマン展で原画を見たけれど、それはそれは夜空の青、天使の青が美しかった。絵本は、幼い頃から本物の芸術に触れる機会のひとつでもありますね。

スイスには小学校などにホフマンの壁画やステンドグラスなどがあるんですよね。製作の様子は子どもらも見てたとかって。羨ましいー。何よりホフマンの絵本は、自分の子どもに贈ることから始まったのです。(『クリスマスのものがたり』は福音館書店の松居さんの依頼によって描かれたものですが。)
それって、子どもにとってサイコーのプレゼントじゃない?

スポンサーサイト
[2013/12/11 21:38 ] | クリスマス | コメント(0) | トラックバック(0)
<<洗練 | ホーム | いつかどこかで>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://komorebibunko.blog49.fc2.com/tb.php/664-6b95ea9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。