FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
古典の世界
古典のダイジェスト版、またはわかりやすい古典、というとイラストやマンガによるところが多い昨今、文字で読んで楽しいダイジェスト版が出ました。これはよい。


源氏物語 紫の結び(一)源氏物語 紫の結び(一)
(2013/08/21)
荻原 規子

商品詳細を見る


ダイジェストとは思えないあたりが凄い。
これは、言葉と場面の選び方が、意識的にか無意識的にかはわかりませんがよほど計算されているのです。読んでいて心地よく源氏の世界にダイビングしてしまいます。久しぶりに浸かりました。

私は高校生の頃、全訳版では田辺聖子訳、マンガでは『あさきゆめみし』で源氏入りしました。わかりやすいのでオススメなのですが、今ではこれらさえ難しいと敬遠される時代なので、YAの旗手、荻原さんの手で若者たちに古典への入り口をどんと切り拓いていってほしいところです。
スポンサーサイト
[2013/12/15 23:29 ] | クリスマス | コメント(0) | トラックバック(0)
<<季節の実り | ホーム | もうひとつ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://komorebibunko.blog49.fc2.com/tb.php/668-652d7ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。