スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
小さい頃読んでいた本

アルプスのきょうだい (岩波の子どもの本)アルプスのきょうだい (岩波の子どもの本)
(1954/09/01)
ゼリーナ・ヘンツ

商品詳細を見る


冬になるとこの本を思い出します。
岩波のこどもの本、よく読んだなあ。このシリーズの手持ち分だけは実家から探し当てて文庫に置いてあります。宝物なので、大事に読んでね。

スポンサーサイト
[2013/12/17 23:08 ] | クリスマス | コメント(4) | トラックバック(0)
<<生き方のお手本 | ホーム | 季節の実り>>
コメント
昔は「こどもの本」シリーズに入っていたのですね。内容は「フルリーナと山の鳥」と一緒ですか?「ウルスリのすず」とかも入っているのかしら?
[2013/12/18 11:08] | URL | aizawa #- [ 編集 ]
その「ウルスリのすず」と「フルリーナ…」の2編が入っています。どちらも子どもがフツーに山に一人で出かけていったり一夜を過ごしたりするのにドキドキしましたっけ(^^)
[2013/12/18 20:47] | URL | 宙 #eYj5zAx6 [ 編集 ]
やっぱり。うちの娘もどちらも大好きで、何回も図書館で借りてきていたので、結局購入しました。こちらは大きな横長の絵本です。
私は子供の頃あまり絵本に親しんで来なかったので、宙さんや娘がうらやましいです。
アドベントの続き、楽しみにしていますね。
[2013/12/18 21:27] | URL | aizawa #- [ 編集 ]
私も、子どものおかげで今になって初めて出会うことが出来た絵本がたくさんありますv-290それもまた大きな喜びですねv-344
[2013/12/18 22:54] | URL | 宙 #eYj5zAx6 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://komorebibunko.blog49.fc2.com/tb.php/670-3e128524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。