スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
お嬢文化をなめるな
実は『赤毛のアン』はあまり好きでない――というと大抵の人に驚かれてしまうのですが、ホント、あまり好きでない(苦笑)。どうもね…夢見る少女度が私には高過ぎて…;(アンのファンの方ごめんなさい。)

そんな私が、この本にはぐわしっとココロ鷲掴みにされてしまいました。


アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)
(2011/08/28)
村岡 恵理

商品詳細を見る


日本で初めてアンの訳本を出した村岡花子さんの生涯を綴った本です。
お孫さんの村岡恵理さんによる著作。
あ、ちゃんと『赤毛のアン』読まなきゃ…と居住まいを正す思いになりました。

この方、ミッションスクールの寄宿舎で勉強されているのですが、そこでの女学生たちの文学を追究する姿たるや凄まじい。いやはや、

お嬢文化をなめるな!

まさにこの時代のこの教育なくして、欧米児童文学の名作を日本に伝えることは不可能であった!
村岡さんは外国に行く経験なしに、第一線で通訳や翻訳をこなしていたのですからねー。

これ、2014年春、朝の連続テレビ小説でTV放映されるのです。(吉高由里子主演)
石井桃子さんはじめ、文庫事業に携わった方々も登場するかしらと今から楽しみです♪

スポンサーサイト
[2013/12/20 23:32 ] | クリスマス | コメント(0) | トラックバック(0)
<<大掃除中 | ホーム | 子どもへのまなざし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://komorebibunko.blog49.fc2.com/tb.php/673-5e74203b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。