スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
選書
天神山の図書支援センターに文庫の選書に行ってきました。

各館と家庭・地域文庫への配送は何とか復活してくれて、ホッ…。家庭・地域文庫って、文庫連だけではなくて保育園などいろんな団体が登録して利用しているんです。「これで園児への貸出ができる!」と胸をなでおろしているところもありますよ。よかったよかった。

あとは学校図書館への配送便ときぼう号ですねえ。本・資料は教育の食糧みたいなもの。今の市内の学校図書館の蔵書数は決して潤沢とはいえないですし、修学旅行などで調べ学習もたけなわの学校も多いはず。餓えるような思いの現場も多いことでしょうーー。移動図書館もこれからの高齢化社会・子育て支援には欠かせないツールですよ。
早期の復活を切に望みます。

選書で本の背表紙を眺めているだけで、

あー、この本いいじゃん!
ここらへんの本使ってこんなイベントしたら楽しいのに!
資料をこう紹介してこんな授業はどうだろう。
講演会にはあの人やこの人を呼びたい!
ゆめ基金で申請してみようかな?
学校図書館でこんな掲示したら、みんな読んでくれるんじゃないか?

などなど妄想ばかり膨らむ膨らむ…(笑)
このぶわーーっ!て、ネタも気も大きくなって何でもできそうになる時間がとても楽しい。

図書館は可能性の宝庫です。

スポンサーサイト
[2017/06/09 22:56 ] | 文庫のようす | コメント(0) | トラックバック(0)
<<みんなの図書館を作る会講演会 | ホーム | ぱくぱく読み聞かせ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://komorebibunko.blog49.fc2.com/tb.php/722-d1dfd197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。