スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
みんなの図書館を作る会講演会
「高槻にみんなの図書館を作る会」というのがありましてね。市民のためのよりよい図書館づくりを実現するために、協議会の傍聴に行ったり会報を発行したり、それはそれは地道に活動を続けていらっしゃいます。市内の図書館にはいつも会報が置いてあるから、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。私は会員ではないのですが、結婚して住み始めた頃からずっと会報から情報をもらって、心強く思っていたものです。

今日は総会に加えて、箕面市の学校司書さんの講演会があるとのことで参加してきました。

久しぶりにまともに運営されている学校図書館の話を聞いたわ!!

北摂では豊中・箕面が図書館先進地域、として昔から名高いのですが、市のシステムがきっちりしてこれは働きやすいだろうなあと羨ましく思いました。それも司書さん、学校司書さん同士連携して長年の働きかけや努力あっての成果。
聞くところによると今日講演の司書さん、お勤めは箕面ですが市内在住なのだとか。話が通じる方が身近におられるということだけでも何とも心強い。そのノウハウ、我が市にもいただきたいものですねえ。
中学校での実践報告が実に生き生きとした子どもたちの学習活動を啓発していて、「これこれ!この感じ!」と懐かしく思いました。

・先生からの依頼で古典作品のレファレンス作業。
・緊張して入ってくる新入生のために、小学生向けの簡単な本やライトノベルを並べた「よみきりすっきりコーナー」
・個々の興味を尊重し、個性を認める「スケブコーナー」
・美術の時間のポスター作成のために参考資料検索の授業。
・これからの図書館を考える授業。

などの実践報告、聞くだけでワクワクソワソワ。教員としての血がうずきます。

「図書室」はただ本を置く部屋
「図書館」は機能がある部屋

学校にあるのは「図書室」ではなくて「図書館」だから「学校図書室」ではなくて「学校図書館」と呼び、それにふさわしい環境を整備することに注力しています、と。「図書館」であるための環境とは、

・人がいる
・ネットワークシステムがある
・サービスを提供する
・本の収集・整理・保存を行う

ということ。もちろんこのサービスは子どもたちに毎日提供されているわけで。学校司書同士の会議や研修も勤務としてちゃんと保証されているんですよ。(知り合いからは打ち合わせも週1回勤務として組み込まれてるって聞きました。)
ああ、やっぱり豊中・箕面に住みたいワ♪と思ってしまいました。
「住む場所は図書館で選ばなきゃ」とはお世話になった司書の先生の言葉ですが、つくる会の皆さんの

なければ作ろう!

の心意気もひしひしと伝わってきました。
用事で質問の途中までしかいられなくて、後ろ髪を引かれる思いで退席しましたが、文庫連・文化ネットとも繋がりがありますから、また協力していろんな企画をしていきたいと思います。

移動図書館と学校図書館便、止まったままにしてる場合じゃないですよ、市役所さん!
みんなみんな待っています…!





スポンサーサイト
[2017/06/11 23:39 ] | 講演会・イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ナマ・かん子さん! | ホーム | 選書>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://komorebibunko.blog49.fc2.com/tb.php/723-b86a58ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。